top of page

​施術の流れ

当サロンの温熱療法は、身体に負担をかけずに代謝を高めることができます。副作用の心配もありません。

現在、病気を抱えている方、代替療法をお考えの方、ペースメーカーやボルトを体に埋め込まれている方、妊婦さんで横になるのが苦しい方でも、体が楽な姿勢で施術を受けることができますのでどうぞご安心ください。

タオルの女性

施術は衣服を脱いで行います。男性の方は大きめの綿100%のトランクスに、女性の方は使い捨ての紙ショーツの上に綿100%のショートパンツに着替えていただきます。

施術中はバスタオルをかけて肌の露出を抑えながら行いますのでご安心ください。必要なものはすべてサロンでご用意しております。

カウンセリングシートに書き込む

​1.カウンセリングシートのご記入

初回の方は、はじめにカウンセリングシートにご記入していただきます。

体調のすぐれないところや、気になるところがありましたらお気軽にご相談ください。そのあと、温熱療法のご説明をいたします。

温熱器による注熱の施術

​2.温熱器による注熱

ラジウム鉱石が敷き詰められた岩盤ベッドに横になります。ミネラル温熱器を背中から全身のツボに沿って当てていき、身体の芯までじんわりと温めていきます。温められた身体は副交感神経が優位となりリラックス状態となります。心地良い暖かさが広がり寝てしまう方もいらっしゃいます。

遠赤外線ドームに入ってマイルド加温

3.岩盤ベッドとドームでマイルド加温

注熱が終わると部分的に停滞していた血流が改善されます。水分補給にミネラル水をお飲みいただき、更に遠赤外線ドームでマイルド加温を行いゆっくりお休みいただきます。岩盤とドームで全身を温め、身体のいたるところに溜まっている老廃物や有害物質を発汗によって排出します。ドーム内は40~45℃前後ですので身体に負担をかけずに代謝を高めることができます。また頭部はドームの外に出ていますので息苦しさは無く、熱さが苦手な方でもご安心ください。

ハーブティー

4.リラックスタイム

施術が終わったあと、たくさん汗をかきますのでホットタオルで全身を拭いていただいてからガウンに着替えていただきます。

汗がひくまでのあいだ、お飲み物を飲みながらおくつろぎください。

bottom of page