top of page

​温熱の必要性

私たちはコロナというウイルスにより、体温を測る機会がふえてきました。改めて免疫力を高めることが大事だと感じたかたも多くいらっしゃると思います。

そこで、私たちの体がもっとも免疫力の高いとする理想の体温とは・・・

その不調...冷えが原因では?
体の冷えからくるさまざまな不調

「冷えは万病のもと」と言います。

皆さんがお困りのいろいろな不調は、体の冷えから来ているものかもしれません。

体が冷えると...

血液の流れが悪くなり、栄養素がうまくゆきわたらなくなります。

新陳代謝が低下し、内臓が元気を失っていきます。

免疫力が弱くなり、からだを守るパワーがしぼんでいきます。

栄養も代謝も免疫も低下…

こうして見ると、冷えが万病につながるのはごく当然のことなのです。

特に冷えを自覚していなくても、慢性的な不調を抱えている人は体の芯が冷えている可能性があります。

増えている低体温。なぜ体が冷えるのか。

今、日本では平熱が35℃台という低体温の人たちが増えています。

ほんの50年ほど前までは、平均体温が36.8℃くらいだったのに...

なぜこれだけ、日本人は冷えてしまったのでしょうか?

それは、私たちの身の回りに、体を冷やすものが急にあふれ出したからです。

体温を下げる要素

●運動不足で筋肉が落ちている。

●食べ過ぎ、塩分摂り過ぎ、砂糖摂り過ぎ。水分摂り過ぎ。

●化学調理料や添加物まみれの加工食品をよく食べる。

●ムチャなダイエット。

●寒い季節にも、夏野菜や南国の果物を食べる。

●お薬を手放せない。

●便秘がち。

●悩み事やストレスが絶えない。

●お風呂につからず、シャワーですませることが多い。

●冷房にあたりすぎ。

ストレスで気力がでない
食べ過ぎのイラスト
階段上りに息切れする
最も健康的な体温は36.5~37.0℃

​あなたの体温は何度ありますか?

人間の体にとって理想の体温は36.5℃~37℃と言われています

36.5℃以上になると免疫が活発に働き始めます。

 

人は、体内に入ったウイルスや細菌などから自分自身を守る免疫力が備わっていますが、体温が1℃下がると

免疫力は30%低下し、エネルギー代謝も12%下がります。

免疫力が下がると腸の働きは弱まります。老廃物の排出も滞り、アレルギーなどさまざまな症状が現れやすくなります。

​また、免疫力が下がると抵抗力も下がるので、風邪もひきやすくなります。

理想体温を維持して、健康的で免疫力が高い状態を保つには、冷えは禁物!きちんと体を温める機会をもつことが大切です。

 

「冷え」は栄養、代謝、免疫を低下させて、万病の原因になります。また、今の日本人は全体的に体が冷えてきています。

それならば、単純に体を温めてあげることが、問題の根本的な解決につながるのではないでしょか。

 

健康の秘訣は、もともととてもシンプルなものなのかもしれません。

冷え性の女性
ウイルス侵入

体温が下がると、ウイルスに負けてしまう

免疫も代謝も絶好調。理想体温。

疲れやすい、ブルッと震えて熱を作ろうとする。

代謝低下、自律神経失調、免疫力低下、アレルギー発症、排泄機能低下。

がん細胞が活発に増殖する

体温計
bottom of page